プラズマ治療とは

プラズマは固体、液体、気体のいずれとも異なる特有の性質を持つため、物質の第4の状態ともいわれています。このプラズマの力を応用したものが「プラズマ」です。
プラズマは皮膚の表面から表皮レベルまで作用します。
レーザーと違い、プラズマは皮膚、血液、表皮組織には衝撃を与えず、皮膚疾患の治療、滅菌、吸収性、皮膚の再生、抗色素沈着、皮膚の弾力性の向上に、ずばぬけた効果があります。

プラズマの効果

プラズマは電気エネルギーを持つ電離した気体であり、皮膚の表面から表皮レベルまで作用します。 電気エネルギーが外側から内側に流れると、その流れとともに強さが変化し 皮膚の異なる部分に別々の効果をもたらします。

プラズマは電気エネルギーを持つ電離した気体であり、皮膚の表面から表皮レベルまで作用します。
電気エネルギーが外側から内側に流れると、その流れとともに強さが変化し、
皮膚の異なる部分に別々の効果をもたらします。

plasma1
plasma2

プラズマ治療で出来ること 1

  • しわ治療(切除しない)
  • リフティング
  • 再生
  • 傷跡の治療
  • 炎症の治療
  • 新コラーゲン生成
  • 弾性形成(コラーゲン
  • 線維芽細胞の生成刺激による強力なアンチエイジングおよび皮膚の老化防止効果
  • 組織内の既存のイオンの置換( 細胞組織のイオンバランスの調整による皮膚の弾性向上
  • 分子結合の切断( 細菌の分子構造の切断による強力な滅菌作用

プラズマ治療で出来ること2

プラズマはその美肌治療器として高い効果を発揮しますが、一番の注目は薬剤の浸透率を飛躍的高める効果です。
薬剤を肌の奥まで浸透させるにはイオン導入やエレクトロポレーションなど電気の力で一時的に浸透率を高めるものでした。しかし、浸透させる成分が限定されてしまうこともありました。
プラズマは、皮膚細胞を結合している細胞接着分子(CAMs)を切断することで、薬剤を選ばず驚異的な浸透率を誇ります。
薬剤を肌の奥まで浸透させるTDDS(経皮ドラッグデリバリーシステム)を行うには、肌の表面が清潔でなければ逆に肌トラブルを発生させる原因にもなります。
プラズマ治療のハンドピースは細菌を除去する効果があり、肌を減菌させつつ薬剤を浸透させていくので高い安全性があります。
TDDS
皮膚細胞を結合している細胞接着分子(CAMs)を切断し、驚異的な吸収力をもたらす
肌色調節効果
メラニン色素を抑制し、抗色素沈着化粧品の吸収力アップによる抗色素沈着効果
滅菌
強力な滅菌力でさまざまな皮膚トラブルを引き起こす細菌を死滅させる
皮膚再生
コラーゲンおよび線維芽細胞の生成

プラズマ治療と合わせたおすすめの薬剤

  • 高濃度ビタミンC
    シミ・そばかす ニキビ跡 くすみ・クマ 毛穴
    メラニンの生成を抑え、老化現象の元凶のひとつである活性酸素を減少させます。通常、皮膚から吸収されるビタミンCはごくわずかですが、ビタミンC誘導体は皮膚から多く吸収されます。シミやそばかす、くすみにアプローチし、透明感にあふれる明るい肌に。
    ダイヤモンド
    当院オリジナル配合のカクテル(ヒアルロン酸・ボトックス・リジュラン・サイトカイン)お肌の成長因子を活性化させつつ、潤いやハリを出し輝くような柔肌へと導きます。1回でも実感できますが3か月ごとに6回位行うとより効果を実感できます。持続性も高まります。つや・ハリ・肌再生の実感をできます
    CHANEL
    ヒアルロン酸をはじめ、23種のアミノ酸・12種のビタミン・5種の核酸・6種の酵素・6種のミネラル・1種の抗酸化剤からなる、計53種の美容成分が超高濃度で含まれています。
    • 肌再生
    • シワ改善
    • 毛穴縮小
    • 肌弾力アップ
    • 水分補給
    • 肌トーンアップ
    • 肌のキメ細かさアップ
    照射してからすぐに効果を実感できますが、だいたい2週間後くらいからハッキリ美肌効世の中の女性達がズバリ気になっている肌の悩みを、シャネル(フィロルガ)だけで解決できます。
    スキンヴェール
    コラーゲンピール(PRXT33)と組み合わせ、皮膚にまんべんなく深く浸透させる
    皮膚に小さな穴を無数にあけているので、そのままにしておくのはもったいないと考えてます。さらに湿潤環境においたほうが、コラーゲン造成効果アップにつながります。
    コラーゲンピール(PRXT33)(塗るだけでも、トリクロロ酢酸とコウジ酸が真皮に浸透しコラーゲン増生・美白効果が得られる薬剤)を浸透させてじっくり浸透させるということをお勧めしております。
    コラーゲンピール(PRXT33)の併用は、より多くの穴から細かくコラーゲンピール(PRXT33)を浸透させることができ、ハリ・弾力アップによる若返りを、より手軽に行うことができます。

    似たような治療法として、ダーマペンとコラーゲンピール(PRXT33)の併用があります。こちらは、瘢痕や、ニキビ跡、ニキビ跡の瘢痕による深い毛穴など、より深い凹凸でお悩みの方にお勧めしております。